研究助成

2020年度「貴金属に関わる研究助成金」の受賞者が決定しました
おめでとうございます

田中貴金属記念財団では、貴金属の新分野を開拓醸成し学術、技術と社会経済の発展に寄与することを目的に、多くの人々に対しまして、豊かな社会を感じていただける活動を展開しています。本助成金制度は、「貴金属が拓く新しい世界」へのさまざまなチャレンジを支援するため、1999年度から毎年実施されています。第22回目となる今回は、貴金属が貢献できる新しい技術や研究・開発に対して、あらゆる分野から研究を募集しました。その結果、合計171件の応募があり、この中から合計26件の研究に対し、総額1,610万円の研究助成金を授与します。

◆ゴールド賞 各200万円 2件
早稲田大学 教授 関根 泰 様 表面プロトニクスを活かした非在来型低温作動の貴金属触媒反応の開拓と応用
早稲田大学 教授 村上 秀之 様 耐酸化特性を有するIr系高エントロピー合金の開発
◆シルバー賞 各100万円 3件
東京理科大学 教授 田村 隆治 様 貴金属ハイパーマテリアル
名古屋大学 研究員 稲垣 雅仁 様 貴金属材料を利用したゲノム合成技術の開発と医療創薬応用
宮崎大学 教授 大島 達也 様 金の抽出分離プロセスに最適なイオン溶媒和抽出剤の発見と探求
◆萌芽賞 各100万円 4件
東京農工大学 特任助教 内田 紀之 様 ほとんど水からなるフォトニック貴金属結晶センサー
日本原子力研究開発機構 研究員
上田 祏生 様
フルオラス溶媒の疎水性を利用した貴金属元素の分離・回収プロセスの開発
北陸先端科学技術大学院大学 講師
Rajashekar Badam 様
水分解に適した効率的酸素発生触媒活性を有する強い金属―基盤相互作用を伴うIrO2系有機・無機ハイブリッド触媒
北海道大学 助教 石田 洋平 様 ナノ化学反応場を利用した多元合金クラスターの自在合成
◆奨励賞 各30万円 17件
愛媛大学 助教 芝 駿介 様 大阪大学 特任教授 井関 隆之 様
大阪大学 特任准教授 陳 伝彤 様 大阪大学 准教授 森 浩亮 様
九州大学 教授 湯浅 裕美 様 京都大学 助教 平井 義和 様
京都大学 教授 藤田 健一 様 産業技術総合研究所 主任研究員 粕谷 亮 様
静岡大学 助教 青山 真大 様 静岡県立大学 准教授 永井 大介 様
東京大学 助教 大内 隆成 様 東京工業大学 助教 相馬 拓人 様
東北大学 准教授 藤原 宏平 様 名古屋大学 教授 薩摩 篤 様
広島大学 助教 石松 直樹 様 北海道大学 准教授 山本 拓矢 様
横浜国立大学 准教授 西島 喜明 様

2020年度「貴金属に関わる研究助成金」PDF