研究助成

2015年度「貴金属に関わる研究助成金」の受賞者が決定しました
おめでとうございます

田中貴金属グループでは、貴金属がもたらすゆとりある豊かな社会の実現と、美しい地球の未来に貢献することを企業理念に、さまざまな貴金属材料の開発や安定供給を行い、産業や経済の発展と安定、さらには豊かでうるおいのある生活の実現に取り組んでいます。本助成金制度は、この事業活動の一環として、「貴金属が拓く新しい世界」へのさまざまなチャレンジを支援するため、1999年度から毎年実施されています。第17回目となる今回は、TANAKAホールディングスが2015年に創業130周年を迎えたことを記念して設立された「一般財団法人 田中貴金属記念財団」が研究助成金事業を承継し、貴金属が貢献できる新しい技術や研究・開発に対して、あらゆる分野から研究を募集しました。その結果、合計154件の応募があり、この中から合計34件の研究に対し、総額1,140万円の研究助成金を授与します。

ゴールド賞 200万円 1件
筑波大学 講師 大石 基 様 「金ナノ粒子界面における化学反応を利用した高感度・簡易バイオセンサの開発」
萌芽賞 100万円 2件
関西学院大学 博士研究員 安田 充 様 「超高感度がん診断ナノバイオチップの開発」
東京大学 特任助教 横田 知之 様 「導電性粒子を用いた印刷型温度センサの開発」
シルバー賞 50万円 4件
東京理科大学 准教授 根岸 雄一 様 「貴金属ナノクラスターの厳密組成制御技術に基づく次世代水素社会構築に向けた高活性水分解光触媒材料の創製」
東北大学 助教 平野 栄樹 様 「切削平坦化した銀バンプを用いたウェハレベル高真空気密封止技術の開発」
北海道大学 助教 三友 秀之 様 「可動型銀ナノ構造体を用いた生体分子の高感度検出法の開発」
早稲田大学 教授 川田 宏之 様 「超軽量高導電性CNT/Au複合繊維の創製」
MMS賞 20万円 27件
愛媛大学 教授 座古 保 様 大分大学 准教授 永岡 勝俊 様
大阪府立大学 准教授 椎木 弘 様 九州大学 特任助教 込山 英秋 様
九州大学 准教授 藤ヶ谷 剛彦 様 九州大学 准教授 米村 弘明 様
京都大学 教授 近藤 輝幸 様 京都大学 助教 村井 俊介 様
熊本大学 准教授 松田 光弘 様 高知大学 准教授 上田 忠治 様
静岡大学 准教授 平川 和貴 様 千歳科学技術大学 教授 長谷川 誠 様
千葉工業大学 准教授 安川 雪子 様 中央大学 教授 片山 建二 様
電磁材料研究所 主任研究員 渡邉 雅人 東海大学 教授 宮沢 靖幸 様
東京大学 助教 高橋 竜太 様 東京大学 教授 田畑 仁 様
東京大学 教授 佃 達哉 様 東京大学 准教授 松野 泰也 様
東京大学 助教 渡邉 力也 様 東京工業大学 助教 難波江 裕太 様
東北大学 韓 久慧 様 東北大学 教授 宮﨑 讓 様
奈良先端科学技術大学院大学 助教 野田 俊彦 様 北海道大学 教授 村越 敬 様
山形大学 准教授 松嶋 雄太 様  

2015年度「貴金属に関わる研究助成金」PDF